お前ら全員、こっぱミトコンドリア!

01/18(水)

§ Affelio

勘弁してくれやー
何度めげそうになったかわからんのだけど、なんとか動いてる感じまできた。
まず extlib にあるライブラリを CPAN 由来のものと、 affelio チームのものとにわける。
CPAN由来のものは、portsからインストールするようにした。
affelioチームのソースは例の5.24対策、 @, % にたいしての defined() をスカラー評価に変更。 ここまでは、めんどくさいだけで、順にやっていけばできる仕事なので、それほど苦労しなかった。 問題は、
adminログインすると、タイムアウトでこける
ところだ。とにかく動作も覚えてないので、ひたすらログ出力追加とログとのにらめっこ。で、 どこでこけてるかを調べる。もーいや。 というわけで、結論だけ。
Affelio::App::Standalone::Admin::AffelioNews::getnews()
が動きません。affelioからのニュースをとってこようとして、 ドメイン *1 ホスト なくなっているので、タイムアウトします。 orz...
lib/Affelio/App/Standalone/Admin/Top.pm の sub show のところを
=pod
         use Affelio::App::Standalone::Admin::AffelioNews;
         Affelio::App::Standalone::Admin::AffelioNews::getnews($af, $out_ref);
=cut
こんな感じでコメントアウト。
疲れました。
*1: ドメイン無くなってませんでした。

01/12(木)

§ Perl 5.24続き

affelio アルバムが動かないので、ちょっとさぐる。
以前やったときのように defined %〜と defined @〜 は、 スカラー値として受け取るように変更
perl5.24になって、CGI.pm が分離されたみたいで、 ports/www/p5-CGI をインストールする必要がある。
とりあえず、この2点を変更
affelioの問題のためにログをみると、 hnsの方は他にもdeprecatedにされて、まずそうなところが あるんだけど、perlわかんないんで、そのうちやる。

01/11(水)

§ Perl 5.24

このhttpdが走っているjailのPerlも5.24に上げました。
前回問題になった内部向けの記録用日記とhnsバージョンが違っていて、 変更いらないみたい。なんだかよくわからんが。というのが実情です。

12/27(火)

§ NetBSD build on FreeBSD

パッチ作ったはいいけど、パッチファイルがあるだけで、 どういう背景からパッチが必要なのかを記録してなくて、 パッチ外しても大丈夫になってるけど、いつ直ったかわからない。
ってなことになってて、これはさすがにマズイんではないか。 というわけで記録しておくことに。
対応するパッチは github gist にある a-rin/ctf.patch rivision2

src/external/cddl/osnet/sys/sys/limits.h

ここは build tools での libctf を作るときに問題になる。
FreeBSD HOST では
#include <limits.h>
が行われると、 limits.h からさらに #include <sys/limits.h> が行われる。
一方、 libctf をbuildするときには
-I .../external/cddl/osnet/sys
がオプションになっていて、<sys/limit.h> は src/external/cddl/osnet/sys/sys/limits.h を 指し示すことになる。ここで、現在の NetBSD の src/external/cddl/osnet/sys/sys/limits.h は
  #include <sys/syslimits.h>
になっており、FreeBSD側の /usr/include/sys/limits.h に到達できない。
この点を解決するため、build tools の場合には #include_next <sys/limits> を行うように変更した。

src/external/cddl/osnet/sys/assert.h

ここは build tools での libctf を作るときに問題になる。
ここはなかなか悩ましい。まず、本来 __assert() をなんとかして互換性を取ろうというのが、
それは違うでしょ。__assert() は内部構造でしょ。
というのがある。しかし、__assert() を使用しているソースがある。ここがすでにおかしい。
FreeBSD では assert() からマクロ展開されて、 __assert() に変換される。 そのため、assert() と __assert() は必ずペアで同じホストの資源を使う必要がある。 幸い、build tools では、assert() しか使用されない。という状況なので、
#if !HAVE_NBTOOL_CONFIG_H
...
#endif
でガードすれば解決できる。

11/08(火)

§ Perl 5.24

FreeBSD ports の Perlデフォルトバージョンの変更にともない、 jailを1つ、Perl のバージョンを5.16から5.24に上げました。
16-24の間に、defined(@array), defined(%hash) がエラー扱いされるようになって、 hnsスクリプトが動かないので修正。
基本的には、defined を取り除いて、スカラー値として受けるようにしました。
あ〜疲れた。

以上、5 日分です。

早起き生活
Powered by 早起き生活

こりゅう こんな顔で出ています
twitter id は a_rin

Powered by hns-2.10-beta9, HyperNikkiSystem Project

いままでのものはこちら

2014年 <5月> <4月> <3月> <2月> <1月>
2013年 <12月> <11月> <10月> <9月> <8月> <7月> <6月> <5月> <4月> <3月> <2月> <1月>
2012年 <12月> <11月> <10月> <9月> <8月> <7月> <6月> <5月> <4月> <3月> <2月> <1月>
2011年 <12月> <11月> <10月> <9月> <8月> <7月> <6月> <5月> <4月> <3月> <2月> <1月>
2010年 <12月> <11月> <10月> <9月> <8月> <7月> <6月> <5月> <4月> <3月> <2月> <1月>
2009年 <12月> <11月> <10月> <9月> <8月> <7月> <6月> <5月> <4月> <3月> <2月> <1月>
2008年 <12月> <11月> <10月> <9月> <8月> <7月> <6月> <5月> <4月> <3月> <2月> <1月>
2007年 <12月> <11月> <10月> <9月> <8月> <7月> <6月> <5月> <4月> <3月> <2月> <1月>
2006年 <12月> <11月> <10月> <9月> <8月> <7月> <6月> <5月> <4月> <3月> <2月> <1月>
2005年 <12月> <11月> <10月> <9月> <8月> <7月> <6月> <5月> <4月> <3月> <2月> <1月>
2004年 <12月> <11月> <10月> <9月> <8月> <7月> <6月> <5月> <4月> <3月> <2月> <1月>
2003年 <12月> <11月> <10月> <9月> <8月> <7月> <6月> <5月> <4月> <3月> <2月> <1月>
2002年 <12月> <11月> <10月> <9月> <8月> <7月> <6月> <5月> <4月> <3月> <2月> <1月>
2001年 <12月> <11月> <10月> <9月> <8月> <7月> <6月> <5月> <4月> <3月> <2月> <1月>
2000年 <12月> <11月> <10月> <9月> <8月> <7月> <6月> <5月> <4月> <3月> <2月> <1月>
1999年hns <12月> <11月> <10月> <9月> <8月> <7月> <6月> <5月> <4月> <3月>
1999年 <3月> <2月> <1月>
1998年 <12月> <11月> <10月> <9月> <8月> <7月> <6月> <5月> <4月> <3月> <2月>


~a.rin/ にもどる
こんな感じ?